会計事務所で働きたい人は必見|求人情報から仕事を見つけるポイント

人材不足と募集の難航化

パソコンを操作する人

転職理由はスキル向上

IT企業の急激な発展によりエンジニアの数が慢性的に不足しています。エンジニアの求人は常に行われていますがIT企業は求める人材を採用できないことが悩みとなっています。その要因は、人材の価値観と会社の価値観のアンマッチです。IT企業のエンジニアとしての最低の知識やスキルは保持していても企業側の求めるスキルや能力と人材側の求める環境が異なっているのです。IT企業側ではプログラムの新規開発や保守の人材を募集しています。企業の生命線でもあることからある程度マニュアル化しており、ある程度のスキルを保持していれば誰でも対応できるような仕組みを構築しています。これは属人主義にしてしまうとリスクが高くなるからです。

企業との価値観の相違

採用がうまくいかないのは、このIT企業が求める人材が応募してこないからです。エンジニアという職種はある意味職人です。今保持しているスキルを最大限活用し、それ以上のスキルと知識、能力を身に着けることでスキルアップすることをエンジニアは望んでいます。そしてそれを実現できる企業を探し応募しているのです。この価値観の違いが採用を難航化させているのです。応募する人はスキルをいかに向上できるかを考えています。エンジニアが転職する理由としてさらに知識やスキルを向上させたい、自分の能力を最大限活かしたいと考える人がほとんどでありそれが転職する動機になっています。しかし企業側とのアンマッチによりこれが実現されないため採用活動がうまくいかないのです。